中小企業の為のレンタルサーバーの選び方

個人でサーバーを運営するにはドメインを取得したり、セキュリティなどをすべて自分で管理しなければなりませんが、レンタルサーバーなら契約するだけで管理を運営会社に任せることができます。

レンタルサーバーには、無料のものと有料のものがありますが、無料のものには「商業利用不可」としているところも多く、中小企業の場合は利用できない可能性があります。

また、無料のレンタルサーバーは広告収入で運営されていたりするため、利用するたびに広告が表示されますし、容量が足りないなどのデメリットが考えられます。

無料なので使用中に突然サービスが終了するおそれがあり、データの移行に苦労する場合も……。このようなリスクを考えれば、有料のものを使っておいた方が無難でしょう。

専用サーバーと共用サーバー

レンタルサーバーは、「専用サーバー」と「共用サーバー」に分かれています。また、双方の良いところを取った「VPS」というサービスがあります。

専用サーバーは1人で使えますが、共用サーバーの場合は1台のサーバーをほかの人と共用することになります。1人で使うよりも自由度はなくなりますが、大勢の人とシェアすれば、それだけ料金が安くなります。

サーバー運用の予算が足りない場合は共用サーバー、お金を多めに出してでもシステムが安定していた方がいいと考える場合は、専用サーバーの方がよろしいのではないでしょうか?

VPSというレンタルサーバーですが、「virtual private server(バーチャル・プライベート・サーバー)」の略で、「仮想専用サーバー」などと呼ばれています。

これは1台のサーバーを仮想的に構築して、分割された領域を1人で専有できますから、感覚的に専用サーバーのように利用できるでしょう。

VPSを選ぶポイント

VPSを利用する方法ですが、多くのレンタルサーバーを提供している会社に「VPSプラン」があり、とても選びやすくなっています。

たいていのところが専用サーバーや共用サーバーも扱っていますから、比較してみるとよいでしょう。

専用サーバーでは料金が高すぎる……、かといって共用サーバーだとほかのユーザーの影響を受けて困る……というような人がVPSを利用しているようです。

VPSを選ぶポイントですが、料金の安さだけでなく、高性能で安定感があり、サポートの良さなども重要です。

お試し期間が用意してあり、実際に操作性を試せるところが良いと思います。

VPSは専用サーバーに比べれば料金が安く、利用しやすくなってはいますが、レンタルサーバーは一度利用すると長期間にわたりますから、最初にいろいろ試してみてから契約することをおすすめします。

クラウドサーバーとは?

レンタルサーバーの中に、「クラウドサーバー」というプランがあり、「専用サーバー」や「共用サーバー」とともに提供されています。

それぞれのレンタルサーバー会社によってサービス内容は異なりますが、共用サーバーに比べるとクラウドサーバーはより大きな規模で設定されています。

クラウドサーバーの方が、共用サーバーよりシステムダウンは起こりにくいですから、大きな容量のサイトを作りたいと考えている場合は、クラウドサーバーをご利用になった方がよいのではないでしょうか?

コストパフォーマンスの良いレンタルサーバーは?

初期費用や毎月かかる料金が安く、コストパフォーマンスが良いのが「共用サーバー」です。

それに対して、「専用サーバー」はスペックが高いことから、料金が高めに設定されています。

また、キャンペーンを行っているレンタルサーバー会社がありますから、キャンペーン期間中に申し込むと料金が安くなります。

特に、「お試し期間」を設定しているレンタルサーバー会社がおすすめです。「返金サービス」を行っているところもあるようです。

スペックの高いレンタルサーバーは?

一般的に、ハイスペックのレンタルサーバーの利用料金は高めに設定されています。

なかでも料金が高いのは、一人でサーバーを専有できる「専用サーバー」のプランです。

大容量のレンタルサーバーを必要とする企業が、スペックの高いレンタルサーバーを利用しているようです。

サポートの良いレンタルサーバーは?

サポートの良いレンタルサーバーですが、やはり利用料金が高いところはハイスペックで、手厚いサポートがついています。

サーバーがダウンするようなトラブルにあったときなどに、電話がつながらない、いつ電話してもお話し中のようなレンタルサーバー会社も存在します。

めったにサーバーがダウンするようなトラブルは起こりませんが、トラブルが起こってからでは遅いですから、サポートの良いレンタルサーバー会社と契約しましょう。

Copyright © 今更聞けない!中小企業の為のレンタルサーバーの選び方. All rights reserved.